タグ: AKB48

ヘビロテが3年連続JASRAC賞受賞

5月21日、2014年JASRAC賞を発表しました。
JASRAC賞は、その前年度におけるJASRACの著作物使用料の分配額が多かった国内の上位3作品に「金賞」「銀賞」「銅賞」を、海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品に「国際賞」を、分配額第1位の外国作品に「外国作品賞」を贈り、それぞれの著作者と音楽出版者の功績と栄誉を称え、顕彰するものです。

32回目となる今年のJASRAC賞は、ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔さんが作詞、作曲を手掛けた『女々しくて』が初めて「金賞」を受賞しました。同作品は、2009年10月に発売されて以降、JASRACの分配額は2012年までは100位圏外、2013年は38位でしたが、耳に残るメロディーと覚えやすい振り付け、そして個性あふれるバンドメンバーの人柄が徐々に人気を集め、今ではカラオケの定番曲として親しまれています。

「銀賞」の『ヘビーローテーション』(作曲:山崎燿)は、2012年、2013年の「金賞」に続き、3年連続のJASRAC賞受賞となりました。3年連続の受賞は『世界に一つだけの花』(2004年「金賞」、2005年「金賞」、2006年「銅賞」)以来となります。「銅賞」の『Time goes by』は、1999年の「金賞」以来、15年ぶりのJASRAC賞受賞となりました。「国際賞」は『NARUTO-ナルトー疾風伝BGM』が昨年に続き、2年連続で受賞。「外国作品賞」は、日本でのレコードデビュー50年目となるビートルズの『HEY JUDE』が受賞を果たしました。

© JASRAC

「ヘビーローテーション」再生回数1億回突破 日本の音楽動画初

AKB48の代表曲「ヘビーローテーション」の再生回数が2014年2月23日、ユーチューブ上で1億回を突破した。日本の歌手によるミュージックビデオとしては初めてだ。この「ヘビロテ」は、大島優子さん(25)が10年の「選抜総選挙」で初めてセンターポジションを勝ち取った曲。14年春に大島さんがグループを離れるのを前に、ファンが「卒業記念」として再生を呼びかけていた。

きゃりー「PONPONPON」、AKB「ポニーテールとシュシュ」が続く

ユーチューブを運営しているグーグルの日本法人では、ミュージックビデオの年ごとの国内の再生回数ランキングを公表している。これをもとに累計ランキングを推計したところ、日本の楽曲として最も多いのが「ヘビロテ」で、2位がきゃりーぱみゅぱみゅさん(21)の「PONPONPON」(約6097万回)。3、4位はAKB48が続き 「ポニーテールとシュシュ」(約5070万回)、「Everyday、カチューシャ」(約4130万回)。5位にはゴールデンボンバーの「女々しくて」(約3850万回)が入った。

「ヘビロテ」の動画は、10年9月8日の公開直後から急激に再生回数を伸ばしていた。10年11月末までに再生された回数を集計した10年の国内ミュージックビデオランキングでは、3か月しか集計対象期間には含まれていないにもかかわらず3位にランクイン。

11年にはカラオケ人気で4200回以上再生される

11年と12年の2年間については、ミュージックビデオに限らず、国内から再生された動画の中で最も再生回数が多かった。特に11年には、4200万回以上再生されている。「ヘビロテ」は、オリコンの週間カラオケランキングでは10年11月から11年9月にかけて48週連続で首位の座を守っている。カラオケでの人気が再生回数を押し上げた形だ。

「運動」が始まった14年1月中旬時点での再生回数は約9780万回。40日弱で200万回以上再生された計算だ。その他のAKB48の楽曲としては「フライングゲット (ダンシングバージョン)」が3305万回再生。13年10月30日に公開されたばかりの「恋するフォーチュンクッキー」の動画も、すでに約2795万回再生されており、14年のランキングで上位入りするのは確実だ。「恋チュン」は13年の総選挙でHKT48の指原莉乃さん(21)が初めてセンターを獲得した曲で、シンプルで親しみやすい振り付けがうけ、独自に「恋チュン」ダンスを撮影して公開する企業や自治体が相次いだ。AKBの楽曲としては「ヘビロテ」と同様に裾野が広がった。

もっとも、世界に目を向けると「桁が一つ違う」のも現実だ。例えば韓国のPSY(サイ)さん(36)の代表曲「江南(カンナム)スタイル」は19億回以上再生されている。

Copyright (c) J-CASTニュース

「ヘビーローテーション」ヲタの呼びかけでYouTube1億再生へ


AKB48を代表するメンバー・大島優子さん(25)の卒業発表は多くのファンに衝撃を与えた。門出を祝う人もいれば、AKBを去ることを深く悲しむ人もいる。
そんなファンたちが、今あることで「一致団結」している。「優子を喜ばせるために『ヘビロテ』1億再生を目指す」というものだ。

日本のMVで1億回再生は前人未到
大島さんは13年の大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦で卒業を発表、その後自身が初めて選抜総選挙で1位となってセンターを務めた、代表曲といえる「ヘビーローテーション」(10年発売)を披露した。

卒業発表後、掲示板「2ちゃんねる」の大島さん応援スレッドでは「大島さんが喜ぶことは何か」と話し合われ、「ヘビロテ1億回」という意見が出た。YouTubeに公開されている「ヘビーローテーション」のミュージックビデオをみんなで再生して、1億回突破させようというのだ。日本のミュージックビデオで1億再生を突破したYouTube動画はなく、実現すれば大記録となる。

複数のAKBメンバー応援スレッドにも「ヘビロテ再生回数1億回手伝ってくれー!」と書き込まれ、多くのファンが「了解!」「まかせろ!」と賛同した。

ファンや協力者の地道な努力のかいあって、1月16日12時現在、再生数は9781万1581回と、かなりいいところまで行っている。ファンは「あと少し!」「このまま目指せ1億!」などと書き込み、奮起しているようだ。

(c) Jcastニュース